赤ら顔は冬に多い

赤ら顔は冬に多い

例年、冬場に赤ら顔に悩む人は非常に多いとされています。

 

赤ら顔の原因は様々なものが考えられていますが、たとえば体調不良によるもの 、敏感肌によるもの、寒暖の差の激しいところを出入りしたこと、運動不足などによって上半身に熱がこもりやすい体質になっていること、新陳代謝が悪くなっていること、長い時間暖房を使用していたなど様々な原因があるといわれています。

 

このうち、冬場に特有なものとしては、外が寒いことから家の中にストーブや暖房との寒暖差から毛細血管が急激に温められ膨張することが赤ら顔の原因となっているといわれています。

 

赤ら顔の治し方としては、敏感肌が原因の場合は常日頃からスキンケア対策を行っておくこと、体調不良が原因の場合は安静にして身体自体の不調を改善することが必要になりますが、外気温との差が原因である場合には、特に寒い日に外出する必要がある場合には、マスクや耳当てをして家の中と外との温度差を少なくすることが重要であるといえます。専用の美容液の使用もよいでしょう。
また、あまりに家の中が寒いからといって暖房器具ばかりに頼って暖房の温度を
上げるのではなく、家の中でも暖かい服装で過ごすということが大切です。

 

赤ら顔は病気ではないことから、病院などの医療機関に行ったからといってもす
ぐに治るものではありませんが、冬場に近づいてきたら自分でしっかりと予防策を行っておけば赤ら顔に悩むことはないといえます。